ブログ

  • トップページ
  • あいさつ・スタッフ
  • 医院情報・アクセス
  • 診療内容
  • 初診の型へ
  • お問い合わせ

クリニックの役割②

では、クリニックの役割とは何でしょうか。

それは、「地域のゲートキーパー」だと思います。クリニックレベルで解決できることはクリニックで解決し、それ以外は総合病院へ送り出す。そして安定したら再度自宅から通いやすいクリニックで通院する。

 

大きな病院では、専門性の高い手術や薬物治療などが行われています。重症な患者さん達も集まります。そんな中、風邪や発熱、擦り傷など軽い症状の方たちが受診されると医師やスタッフの負担が重たくなり、重症な患者さんまで手が回らない、という悪循環になってしまいます。さらに医師の過労も問題になっています。

 

夜間の救急病院で診察をしていると、よく「昼間から具合が悪かった」とか、「時間が無いから昼間受診できない」等の言葉を耳にしますし、大勢の方がお待ちになっています。

これではちゃんとした診療も出来ませんし、重症な方が紛れていてもすぐには判断できません。

 

このような事が無いようにと、国では診療所と総合病院の初診料に差を付けたり、紹介状が無ければ追加料金が取られたりしているわけですが、それでも患者さんの大病院志向のため、今でも病院は患者さんであふれかえっています。

 

いらはクリニックでは、総合病院の医師の苦労を減らし、患者さんには安心していつでも通え、必要な時には紹介するかかりつけ医の役割を今後も続けて行く方針です。

待ち時間軽減にも努力しています。また将来的には夜間休日の対応も検討しています。

 

総合病院へ行く前に、皆さんのお近くのクリニックへ足をお運びください。

きっとどの先生も総合病院で力を付けてきた優秀な先生ばかりですよ。


今日も心も体も健やかにお過ごしください。

白石牧子

488524[1].jpg


ページの先頭へ