24時間 ウェブ予約

オンライン診察

ウェブ問診

炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患とは

炎症性腸疾患とは、免疫異常により消化管内で炎症を引き起こす疾患です。非常に治療が難しい疾患であるため、上述にもあるように厚生労働省から難病として指定されています。炎症性腸疾患の代表的な疾患として、<潰瘍性大腸炎>と<クローン病>があります。どちらも非常に良く似た症状を引き起こす疾患ですが、これらに罹患しているかどうかを判断するためには大腸カメラ検査が必要不可欠となります。

検査が必要な方

下記の症状がある方は炎症性腸疾患の可能性があります

  • ・長期間下痢が継続している
  • ・1日何回も下痢をする
  • ・激しい腹痛が起こる
  • ・血便や下血がある
  • ・便に白い粘液が絡まっている
  • ・食後にすぐ下痢をする

このような症状に該当する方は、炎症性腸疾患に罹患している可能性があります。炎症性腸疾患は厚生労働省からも難病指定をされている治療が難しい疾患であるため、専門医による診察が必ず必要です。少しでも症状に心当たりのある方は病院に行き診察を受けましょう。

炎症性腸疾患の原因

炎症性腸疾患の発症原因は未だ明らかとなっていませんが、遺伝的要因や免疫機構の異常が有力な候補として考えられています。また、ファーストフードの浸透により、日本の食生活が欧米化していることも原因の一つとして考えられています。

炎症性腸疾患の治療

炎症性腸疾患は完治をすることが難しい疾患であるため、症状を抑えながら上手な付き合い方を見つけていくことが重要となります。具体的な治療方法としては、<薬物療法>と<栄養療法>があります。

薬物療法

炎症性疾患は、その名の通り消化管内に激しい炎症をきたす疾患です。そのため、薬物療法では炎症を抑える薬を使用します。

栄養療法

消化管に負担が掛かると炎症が悪化する恐れがあるため、食事管理を徹底して行い消化管に掛かる負担を軽減することを目的とします。

これらを施しても症状が落ち着かず改善がみられなかった場合、<外科的治療>により消化管を摘出することも選択肢として設けられます。

炎症性腸疾患の疑いがある方は大至急病院へ

炎症性腸疾患は激しい苦痛を伴う、非常に重大な疾患です。少しでも可能性があると感じる方は、まずは医療機関にて大腸カメラ検査を受けることをお勧め致します。「ひょっとしたら炎症性腸疾患かも、、、」と不安を感じている方は、お気軽に当院までご相談下さい。

当院の大腸カメラ検査

炎症性腸疾患を発症しているかどうかは、大腸カメラ検査によって判断されます。炎症性腸疾患は早期による適切な治療を行うことが重要な病気であるため、少しでも心当たりがあれば迅速な大腸カメラ検査が必要となります。当院では患者様に安心して大腸カメラ検査を受けて頂けるよう日々研鑽を積んでおります。詳細は下記リンクからご覧下さい。

当院の大腸カメラ検査の詳細はコチラ

診療のご予約はこちら

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

WEB 予約ページへ

ご予約方法はこちらのページにて説明しております。

→ WEB 診療予約ページについて

電話受付:8:30~17:30

休 診 日 :水曜午後・金曜午後・日曜日・祝祭日