24時間 ウェブ予約

オンライン診察

診療のご案内

逆流性食道炎

逆流性食道炎

下記の症状がある方は逆流性食道炎の疑いがあります

  • 胸やけが頻繁に起こる
  • 胃痛がする
  • 食後に胃がもたれる
  • げっぷが良く出る
  • 吐き気がする
  • 寝起きに口の中が気持ち悪い
  • 喉に違和感を感じる
これらの症状に心当たりのある方は、逆流性食道炎の可能性があります。上記の症状は日常生活でも良く起こり得る症状であるため放置をしてしまう方が多いですが、自身の判断で医療機関の診察を受けないことは危険な行為です。症状が悪化する前に、速やかに医療機関を受診しましょう。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃に何らかの異常が起こることによって胃酸が逆流し、食道粘膜に炎症を引き起こす病気です。 本来であれば胃酸が逆流することはありませんが

  • 胃や食道の運動機能低下
  • 胃酸の過剰分泌
  • 逆流防止機構の機能低下

これらの要因によって胃酸の逆流が起こります。

逆流性食道炎の原因

先述の通り、胃酸が逆流する原因には下記のことが挙げられます。

  • 胃や食道の運動機能低下
  • 胃酸の過剰分泌
  • 逆流防止機構の機能低下

とはいえ、これらの異常は突如現れるものではありません。暴飲暴食、乱れた生活習慣、ストレス、喫煙、飲酒などにより引き起こされます。逆流性食道炎は、言わば生活習慣病と捉えることもできます。自身の生活を振り返り、悪い習慣を改善していくことが必要です。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療には大きく<薬物治療>と<生活習慣改善>の二つがあります。

薬物治療

胃酸の分泌を抑制する薬や、胃の機能を改善する薬を使用して治療を行います。原因としてストレスが強く関与していると医師が判断した場合には、精神面にアプローチする薬を使用する場合もあります。いずれの薬を使用するにしても、各患者様の状態を見極め適切な薬を処方します。

生活習慣改善

食生活の見直しを行い、軽度の運動をするようにしましょう。日々強いストレスを感じている方は、できる限りストレスを感じないような環境を整えることも大切です。逆流性食道炎は日常生活に大きく影響を受ける病気であるため、薬の使用だけで無く、生活習慣を見直すことも非常に大切です。

逆流性食道炎でお悩みの方は当院へ

逆流性食道炎は、早期に発見して正しい治療を施すことが重要です。放置をすれば症状は悪化する一方であるため、できる限り早く胃カメラ検査を受けて治療を行いましょう。 胃カメラ検査を受けることに不安がある方も多くいらっしゃるかとは思いますが、当院では<苦痛の少ない胃カメラ検査>、<おえっとしない胃カメラ検査>を提供できるよう心掛けております。辛い症状にお悩みの方や、「自分は逆流性食道炎かも、、、」と不安な気持ちを抱えていらっしゃる方は、まず一度当院にてお気軽にご相談下さい。

当院の胃カメラ検査

逆流性食道炎の疑いがある場合には、胃内を直接観察する胃カメラ検査を行う必要があります。
当院では苦しくない胃カメラ検査を患者様に提供できるよう工夫を凝らしています。
胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、お気軽に当院までご連絡下さい。

診療のご予約はこちら

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

WEB 予約ページへ

ご予約方法はこちらのページにて説明しております。

→ WEB 診療予約ページについて

電話受付:午前9:00~13:00 午後14:00〜18:00

休 診 日 :水曜午後・金曜午後・日曜日・祝祭日