24時間 ウェブ予約

オンライン診察

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群とは、検査の結果異常が見当たらないにも関わらず、様々な腹部症状を引き起こす慢性的な疾患です。「自分は生まれつきお腹が弱いから、、、」という方が、実は過敏性腸症候群であったというケースが非常に多いです。
過敏性腸症候群は、精神的ストレスが深く関与していると考えられており、消化器の疾患でありながらも精神的な病気と判断されることも多い病気です。そのため、生活環境の整備も含めた総合的な治療が必要となります。長期間この過敏性腸症候群に悩まされている方は治療を諦めてしまうことも多くありますが、この病気は上手に付き合っていく方法を考えることが肝要です。また、適切な治療を行えば改善することも十分可能であるため、根気よく治療していくことが必要です。

検査が必要な方

このような症状でお困りではありませんか?

  • ・急な腹痛や下痢が起こる
  • ・下痢と便秘を繰り返している
  • ・不安を感じた際にお腹の調子が悪くなる
  • ・下腹部が張っている感じがする
  • ・仕事に行く前にお腹が痛くなる
  • ・常に便秘、下痢気味である
  • ・いつお腹が痛くなるか分からずいつも不安である
  • ・トイレに行けない環境に不安を感じる

これらに該当する方は過敏性腸症候群であるかもしれません。症状に心当たりのある方は医療機関にて診察を受けることをおすすめします。

過敏性腸症候群の原因

現代の医学では過敏性腸症候群の原因は明確になっていませんが、消化管の動きに深く関与している自律神経系に何らかの異常が生じることで発症するのではないかと考えられています。この自律神経系は精神的ストレスによって大きく影響を受けるため、先述のように、過敏性腸症候群は精神的な病気であると判断されることもあるということになります

過敏性腸症候群の治療方法

過敏性腸症候群の治療では<薬物治療>と<生活習慣改善>の2つを主に行います。

薬物治療

腸の過敏反応を抑える薬や、腸内細菌を整える薬、精神的なストレスを軽減する薬などを使用します。過敏性腸症候群は患者様によってタイプが異なるため、それぞれの患者様に適した処方選択をご本人と相談しながら行います。

生活習慣改善

腸に負担を掛けない食事、良質な睡眠の確保、適度な運動など、基本的な生活習慣を整えていく指導を行います。また、精神的ストレスが大きい場合には、仕事やライフスタイルといった環境整備を行うことも提案しながら治療を進めます。

過敏性腸症候群でお困りの方は当院にご相談下さい

過敏性腸症候群は治療が難しい病気でもあるため、根本の改善を目指しながらも上手な付き合い方を模索することが大切です。当院では患者様の生活環境を踏まえながら、適切な治療方法をご提案することを心掛けています。長い間この病気に悩まされている方や、既に治療を諦めてしまている方も、まずは一度当院にてご相談下さい。

診療のご予約はこちら

当院では24時間web予約に対応しています。診察を希望される方は、こちらから予約をお取りいただけますとスムーズに受診をしていただくことが可能です。

WEB 予約ページへ

ご予約方法はこちらのページにて説明しております。

→ WEB 診療予約ページについて

電話受付:午前9:00~13:00 午後14:00〜18:00

休 診 日 :水曜午後・金曜午後・日曜日・祝祭日