ブログ

  • トップページ
  • あいさつ・スタッフ
  • 医院情報・アクセス
  • 診療内容
  • 初診の型へ
  • 通所リハビリテーション
  • お問い合わせ

補完代替療法に向かうあなたへ②

前回は補完代替療法についてお話しました。

今回もその続きで、癌患者さんとの関わりについてお話します。


様々な体験談が広告に載せられ、患者さん達は藁をもつかむ思いで高額の代替医療を行っています。実際効果としてはどうでしょうか。

効果や副作用については、他の例えば抗がん剤などのように、臨床試験を行ってきちんとした証拠を出さなければならないのですが、臨床試験で証明されたものが無いのがほとんどです。効果が無いばかりか、未知の副作用が出たり、現在行っている治療の効果を弱めたりする場合もあります。

 

特に症状の出にくい乳がんの場合は代替医療を選択される患者さんが多く、進行してから来院される方を時々診察します。

始めの段階で手術を受け、再発予防の治療を受けていれば、きっと元気に生きていただろうと思うと残念です。

早期発見の乳癌患者さんが増えているにもかかわらず、このように治療困難な段階で受診される方も減らない現状では乳がん死を減らすことはできないでしょう。

少しでも治療に迷いがあり、補完代替医療に魅力を感じた場合は、まず主治医にご相談ください。セカンドオピニオンを利用するのも良いでしょう。

医師も治療の副作用を抑えたりする効果がある事がわかっていたりと(例えば漢方薬など)、全てを否定するわけではありません。

 

当クリニックでは、一度がんの末期と診断され、もう辛い治療は受けたくないという方に体調を整える漢方薬をお出ししていた事がありました。しかし結局、途中で痛みが出て、もとの総合病院へ緊急入院されました。

 

もちろん、完治が望めない末期状態では症状だけ取りのぞく「緩和治療」という選択肢もあります。しかしその場合も、主治医と密に連絡を取り、症状が悪化してきたらどうする、という相談までしていただいた方が、クリニックと病院間での意見の違いや、治療効果の見込みについて医師も理解しておかなければ、納得した最期を迎える事ができないのではないかと思います。

 

どちらにしても、主治医との良好な関係を持って、どの選択肢が自分に取って良いかを一緒に選んで行くのが理想的ですね。

 



ページの先頭へ