診療内容一覧

  • トップページ
  • あいさつ・スタッフ
  • 医院情報・アクセス
  • 診療内容
  • 初診の型へ
  • 通所リハビリテーション
  • お問い合わせ

診療内容

内科

発熱、咳、頭痛、腹痛などの体調変化から、高血圧、血糖値異常、コレステロールや中性脂肪値の上昇などの検診異常までご相談ください。

こういった診療をおこなっています
  • 風邪や肺炎、インフルエンザなどの診断と治療
  • 高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病の治療や食事指導、生活指導
  • インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなど成人対象のワクチン接種を行っています
内視鏡検査
胃カメラ:胃の調子がおかしい、吐き気、胸やけがあるなど胃における症状は多彩です。
これまで当院はバリウム検査を行ってきましたが、バリウムで異常があった場合は結局胃カメラをしなければいけないということで、この度、当院にも胃カメラを導入する事になりました。胃癌、胃炎の診断、ピロリ菌検査などが行えます。
患者様に負担の少ない鼻からの内視鏡を行います。
検査の流れ
朝ごはんは抜いていただき、来院。鼻やのどの麻酔を行って検査開始。
検査は15分程度では終了します。人によっては組織を取って検査に出す場合もあります。
大腸カメラ
沖縄県は食事の欧米化から、大腸がんの患者様が急増しています。大腸がんは胃癌に比べて症状が出にくく、病気が進行して腸が詰まる、腸閉塞という状態になってやっと見つかる方も少なくありません。便鮮血(便に血が混ざる)が陽性(+)の方はぜひ受けていただきたい検査ですが、それ以外にも便が細くなった、便秘がちなどの症状のある方はぜひ受けてみてください。
検査の流れ
検査前日より下剤を使って腸の中の便をきれいに出していきます。前日夜の食事は繊維の少ない低残渣食、当日朝から下剤の内服をしていただき、指示のあった通りに薬剤の内服と、便の確認をおこない、検査に適した便の状態になったら検査が開始になります。来院時に便の状態を教えていただきます。ポリープがある方は、、専門施設へご紹介いたします。当院は観察のみとなっています。ご了承ください。

外科

軽傷のけが、ウオノメ、巻き爪や爪周囲の炎症、軽傷のやけどなどを扱います。
粉瘤、巻き爪の根治治療も行っています。

けが
すりむき傷は放っておくとかさぶたになり、特に大人の場合は傷あとが残ることがあります。最近では特殊な絆創膏を用いて、傷をきれいに、早く治すことができるようになりました。絆創膏使用時の注意点や絆創膏処置だけでは治せない傷などの判断が必要な場合もありますので、自己診断されずに受診することをお勧めします。
ウオノメ
靴があっていない事が原因で、足の裏の皮膚が硬くなる病気です。中に硬いシンがあり、魚の眼のように見えるので、ウオノメという名前がついたようです。医学的な病名は鶏眼(ケイガン)と言います。
治療法は硬くなった皮膚を特殊なシールを使って柔らかくし、削るという処置をします。再発しないようになるべく芯まで取るようにしますが、原因となる靴のサイズなどの変更をしないと再発します。
ウオノメに似た病気で、ウイルス性の場合も多いので、注意が必要です。
タコ
医学的には胼胝(べんち)と言います。これもウオノメ同様、皮膚の角質が厚く
なった状態です。足の裏が多く、手に指ダコができることがあります。ウオノメとの違いは芯があるかないかです。
顔や首にできるイボ
加齢と共にできるイボが大多数です。悪い病気ではないですが、気になりますね。
当院ではウイルス性のイボや加齢性のイボなどの診断をし、電気メスを使用して摘出する治療が行えます。
粉瘤(アテローマ)
顔面・耳介後部・項部・背部・殿部など皮脂分泌の盛んな部位にできるしこりです。本来であれば垢として落ちていくであろう組織が皮膚の深いところに落込み、袋状となり、そこに垢がたまっている状態です。その中に菌が入り込み、感染して化膿してしまう事があり、その場合は切開して膿(うみ)を出す必要があります。根治治療は袋を取る手術を行います。通院治療が可能です。
巻き爪、その他爪のトラブル
巻き爪や深爪によって、爪がそばの肉に食い込んで化膿する事があります。
これは足でも手でも同じです。
爪の状態を良くすることが根本的な治療となりますが、状況によって治療法が異なります。

整形外科

骨折や捻挫、肉離れなどの診断、治療を行います。
専門的な診断や治療が必要な場合は専門病院への紹介を行います。
腰痛や肩こりでお悩みの方も一度ご相談ください。

  • 運動中の捻挫や骨折
  • リウマチの血液検査
  • 骨密度検査
打撲、腰痛、骨折など
単なる打撲だと思っていても実は骨折だったり、単なる腰痛でも改善が遅かったり、自然に治る場合もあれば、しっかり診断して適切な対処をしなければ治癒が遅れたり、症状が改善しない場合もあります。当院では理学療法の一つとして低周波治療や牽引といった直接痛みの原因を治療するわけではありませんが、症状の改善を手助けする器具を用いて治療にあたっています。自己判断は危険ですので、しっかり診断をつけてからの治療をお勧めします。
骨粗しょう症
年齢と共に、特に女性はホルモンの影響もあり、閉経後、骨密度(骨の硬さ)が減少していきます。骨密度が減ると、骨折の危険性が増えます。脚の骨が折れたりすると、その後寝たきりになる事も多く、骨折の予防はとても大切です。
検査は手のレントゲンを撮り、骨密度を測定します。これにより、骨粗しょう症ではないが、骨密度が低い状況の方は予防の治療、骨粗しょう症と診断された方は治療を行います。具体的には内服治療が主です。血液検査を行う事もあります。
関節リウマチ
朝、手がこわばって動かない、関節が腫れて痛いなどの症状がある方は実はリウマチかもしれません。診断は血液検査やレントゲン検査などを行います。現在は多くの新しい薬が出た事で、症状を改善し、進行を抑えることができるようになりました。診断がついたら専門病院での治療が必要となりますので、その際はご紹介いたします。
気になる方はぜひご相談ください。
ページの先頭へ